B型肝炎TOP > B型肝炎ニュース
news

【ありがとう】C型肝炎による肝線維化の症状を遅らせる方法を発見

category/ C型肝炎
2014/01/06 20:39:22

日本の理化学研究所の学者グループは、C型肝炎の際、肝線維化を遅らせる事の出来る治療法を開発した。日本の複数のメディアが伝えた。

 

   学者らが注目したのは、C型肝炎ウイルス(HCV)が持つタンパク質の一つNS3プロテアーゼで、このタンパク質は、肝臓内の統合組織を増加させるシグナルを活性化させ、それにより肝線維化が進行する。研究によれば、まさにこれが、肝硬変など肝線維化の典型的な症状を呼び起こす。

 

   実験の過程で、学者らが、肝炎を患った実験用マウスに、NS3の働きを阻害するしかるべき抗体の注射をしたところ、肝臓の線維化のテンポは、25%下がった。

 

   研究グループの指導者、小嶋聡一理学博士は「もし我々が、こうしたデータを基に、NS3のタンパク質の活動を完全にストップさせる方法を作れれば、肝臓ガンのような重い疾患の治療技術も生み出す事が出来るだろう」と述べている。

 

B型肝炎患者様向けおすすめ:B型肝炎の給付金に関する相談ページ

 

参照元

日本の学者 C型肝炎による肝線維化の症状を遅らせる方法を発見

シェア&いいね!をしていただけますと励みになります
関連記事はこちら
最新記事 カテゴリー
archive

B型肝炎とは

  • 感染経路
  • 予防接種
  • B型肝炎の症状
  • 標準治療・検査
  • 母子感染

監修弁護士

news
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー

相談料・調査費用無料

弁護士との無料相談

pagetop