B型肝炎TOP > B型肝炎ニュース
news

【速報】日赤の安全検査すり抜け輸血でC型肝炎感染か 

category/ C型肝炎
2013/10/03 17:26:33

C型肝炎ウイルス(HCV)が混入した献血血液が2009年に日赤の安全検査をすり抜け、輸血を受けた患者1人がHCVに感染したとみられることが2日、分かった。日赤が厚生労働省の血液事業部会運営委員会に報告した。

 

厚労省によると、輸血によるHCV感染事例は、少なくとも05~07年に計3件確認されている。

 

厚労省や日赤によると、今年6月に献血された血液の安全検査でHCVが感染疑いを示す抗体陽性となり、医療機関への出荷を止めた。

 

同じ人が過去に献血した血液の保管検体を調べた結果、09年のものにウイルスが混入していることが判明。

B型肝炎患者様向けおすすめ:B型肝炎の給付金に関する相談ページ

 

参照元

輸血でC型肝炎感染か 日赤の安全検査すり抜け

 

シェア&いいね!をしていただけますと励みになります
関連記事はこちら
最新記事 カテゴリー
archive

B型肝炎とは

  • 感染経路
  • 予防接種
  • B型肝炎の症状
  • 標準治療・検査
  • 母子感染

監修弁護士

news
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー

相談料・調査費用無料

弁護士との無料相談

pagetop