B型肝炎TOP > B型肝炎ニュース
news

【愛媛】B型肝炎患者の救済へ、B型肝炎訴訟手続きについて西条で説明会

category/ B型肝炎
2013/09/28 16:34:47

B型肝炎被害の救済手続きの説明会が29日、西条市神拝甲の市総合文化会館で開かれる。県内で患者多数が未救済のままとみられ主催の全国B型肝炎訴訟・広島弁護団が参加を呼びかけている。

 

集団予防接種の注射器使い回しによる感染被害を巡っては国が責任を認め、被害者を救済する基本合意が2011年6月に成立。裁判所に提訴して因果関係が確認されれば、和解金として50万〜3600万円が支払われる。だが、全国で最大45万人とされる被害者に対し、8月30日現在の提訴者は1万1065人、和解者は4660人(厚生労働省調べ)にとどまっている。

 

同弁護団は「制度自体が知られていないことに加え、感染者の多くがまだ症状が出ていないキャリアーであることなどが要因」と分析し「発症前に手続きをしておいた方がいい」と訴えている。説明会は午前10時からで予約不要、参加無料。

B型肝炎患者様向けおすすめ:B型肝炎の給付金に関する相談ページ

 

参照元:

B型肝炎:救済へ、手続きを 29日、西条で説明会 /愛媛

シェア&いいね!をしていただけますと励みになります
関連記事はこちら
最新記事 カテゴリー
archive

B型肝炎とは

  • 感染経路
  • 予防接種
  • B型肝炎の症状
  • 標準治療・検査
  • 母子感染

監修弁護士

news
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー

相談料・調査費用無料

弁護士との無料相談

pagetop