B型肝炎TOP > B型肝炎ニュース
news

ウイルス撃退の仕組み解明…奈良先端大・阪大

category/ B型肝炎
2013/08/19 12:31:27

細胞内に侵入したウイルスなどの病原体を撃退するたんぱく質「インターフェロン(IFN)」の合成が促進される仕組みを解明したと、奈良先端科学技術大学院大や大阪大の研究チームが発表した。免疫機能を高める薬剤の開発に生かせる可能性があるという。米科学誌「セル・ホスト&マイクローブ」電子版に15日掲載される。

IFNは免疫で働くたんぱく質の代表格で、ウイルス性肝炎の治療薬として広く用いられるほか、抗がん剤としても使われている。細胞内には、IFNを作る遺伝子の「スイッチ」を入れるたんぱく質があることはわかっていたが、どのような仕組みでスイッチが入るのかは不明だった。

奈良先端大の河合太郎准教授(免疫学)らはマウスの細胞を用い、スイッチを入れるたんぱく質を活性化する物質を探索。その結果、細胞がウイルスに感染すると、細胞膜にある「イノシトール5リン酸」という物質が増殖してこのたんぱく質と結合し、IFNの合成が促進されることを突き止めた。

河合准教授は「将来的には、毒性が低くて安全なワクチンなどの開発に使えるかもしれない」と話す。

(2013年8月15日 読売新聞)

B型肝炎患者様向けおすすめ:B型肝炎の給付金に関する相談ページ

http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20130815-OYO1T00234.htm?from=main1

シェア&いいね!をしていただけますと励みになります
関連記事はこちら
最新記事 カテゴリー
archive

B型肝炎とは

  • 感染経路
  • 予防接種
  • B型肝炎の症状
  • 標準治療・検査
  • 母子感染

監修弁護士

news
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー

相談料・調査費用無料

弁護士との無料相談

pagetop