B型肝炎TOP > B型肝炎ニュース
news

C型肝炎ウイルス感染のヒト化マウスモデル

category/ C型肝炎
2013/09/13 11:31:55

C型肝炎ウイルス感染のヒト化マウスモデル

 

今回、PlossはCD81とOCLNを安定して発現するトランスジェニック免疫不全マウスの場合、HCV複製サイクルが完全に維持され、検出可能なレベルのウイルス血症が認められる事を報告している。

この遺伝学的にヒト化されたマウスモデルが使用可能になったことで、HCV感染をさらに詳しく研究する道が開かれ、効果的と思われる治療法を検証のに有用な基盤となりそうだ。

またA Plossは2009年にNatureへ掲載された論文において、C型肝炎ウイルス(HCV)が免疫適格マウス細胞へ侵入するために、ヒトのCD81遺伝子とオクルディン(OCLN)遺伝子の一時的発現が最低限必要である事を明らかにしていた。

B型肝炎患者様向けおすすめ:B型肝炎の給付金に関する相談ページ

参照元:

【原文】Completion of the entire hepatitis C virus life cycle in genetically humanized mice

シェア&いいね!をしていただけますと励みになります
関連記事はこちら
最新記事 カテゴリー
archive

B型肝炎とは

  • 感染経路
  • 予防接種
  • B型肝炎の症状
  • 標準治療・検査
  • 母子感染

監修弁護士

news
  • 運営会社
  • プライバシーポリシー

相談料・調査費用無料

弁護士との無料相談

pagetop