B型肝炎に感染した方に知っていただきたいことがあります。2012年1月にB型肝炎ウイルスに感染した方々を救済する為の特別措置法が施行されました。この法律によって国との和解手続きが完了しましたら、B型肝炎の進行状況によって50万円から最高3600万円と和解手続き時の弁護士費用の一部が給付金として確実に支払われます。

  • B型肝炎ウイルスに感染している、または感染していた方
  • 昭和16年7月2日~昭和63年1月27日までに生まれた方
  • 7歳に集団予防接種等(昭和23年から昭和63年までの間に限る)を受けた方
  • B型肝炎を発症していないが集団予防接種を受けた方
  • 母親が集団予防接種などで感染し母子共にB型肝炎に感染した方
  • B型肝炎ウイルスが原因で亡くなられた方の相続人
  • 他に感染原因がない方

※上記以外の事が原因でB型肝炎ウイルスに感染された方には給付金は支給されません。
(その他ご質問等はコチラから弁護士にご相談ください)

B型肝炎ウィルス感染者への給付金一覧
B型肝炎のご相談
一般的なB型肝炎給付金受領までの流れ 流れ
  • 弁護士と無料相談

    お客様のB型肝炎に関する症状や通院状況についてお伺いいたします。
    お聴きした情報を基にB型肝炎の給付金を受け取れる可能性がある場合には必要書類などの用意を進めます。
    ※ご相談はメール、お電話、事務所での相談全て無料で対応します。
    ※日本全国47都道府県すべて対応可能です。

  • 必要書類の収集&調査

    お客様ご自身で取得頂く必要がある書類について取得方法や失敗しない方法を分かりやすくご説明いたします。
    それらの書類を弁護士にご提出していただき、弁護士が取得した書類と合わせてB型肝炎の給付金に詳しい弁護士が分析・精査し、給付金の請求が可能かどうかを調査いたします。
    B型肝炎給付金の請求が可能な場合、国に対し給付を請求する訴状を作成いたします。

  • 必要書類と訴状を裁判所に提出

    正式にお客様から弁護士への依頼いただきましたら、
    お客様に集めて頂いた書類と弁護士事務所で集めた書類と訴状を裁判所に提出します。
    国との和解手続きを進めます。

  • 和解成立

    お客様の病状に応じた金額での和解調書が作成されます。
    和解調書とは国とお客様との間で合意した給付金の支払い内容について記載した書面です。

  • 給付金の受け取り

    弁護士が和解調書などの書類を社会保険診療報酬支払基金に提出し、
    和解で決められた給付金を受け取ることができます。

B型肝炎訴訟の弁護士費用について

料金については各事務所によって違うため“お問い合わせフォーム”から直接お問い合わせください。
※給付金を受領できる場合、弁護士費用の一部として受領する給付金の4%を国が負担します。
※各事務所によってB型肝炎の給付金を受け取るまでの流れは違います。

B型肝炎相談ホットラインについて

当サイトはB型肝炎に関する情報を取りまとめたサイトです。
治療方法、感染経路、症状、公的機関、治療費の捻出方法(B型肝炎訴訟)や最新のニュースなどを主に取り上げております。
B型肝炎の患者は全国に150~200万人いると考えられております。
この病気に悩まれている多くの方々に少しでも希望を持っていただける情報を発信することが我々の使命です。
B型肝炎に感染しても決して治療を諦めないでください。日々、研究者たちの努力によって新たな治療方法が開発されています。
一人で悩まずに専門家にご相談ください。諦めなければきっとあなたにとって最良の方法が見つかるはずです。
またB型肝炎相談ホットラインは治療費の捻出方法としてB型肝炎訴訟のご紹介を行っております。
当サイトの監修弁護士が国から給付金を受け取るお手伝いをさせていただきます。
今後はただ流れてくる情報を集めるだけではなく、自分たちの手でさまざまな情報を手に入れることがより必要となっております。
その一助をB型肝炎相談ホットラインが担えれば幸いです。

pagetop